メタルマッスルHMB 成分

成分を知ることで凄さを実感!

メタルマッスルHMB成分

芸能界随一の肉体美をキープし続ける、GACKT氏も愛用のメタルマッスルHMB。

 

HMBに代表される強力な含有成分の働きで、結果の出るサプリメントとしてすでに購入され日々とトレーニングと共にその効果を感じている方も多い事でしょう。

 

このメタルマッスルHMB、効果は評判通りのものとして口コミも広がっていますが、その成分については意外と知られていないという事も多いようです。

 

今回はこのメタルマッスルHMBの数々の成分がどのような効果を生み出していくのかについて解説していきたいと思います!

 

メタルマッスルHMBの成分は?

 

まずメタルマッスルHMBの主成分からですが、現在アスリートやボディビルダーに熱い注目を浴びているHMB。

 

この”HMB”はβ‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸と呼ばれ、数多くあるアミノ酸の一種、ロイシンが代謝された後にできる成分です。

 

この成分こそが筋肉のバルクアップを加速させる重要な作用を担っているわけですね。

 

HMBはさらに筋肉の分解を抑え、トレーニングで疲れた筋肉を回復させる役目があるので、含有量が多く飲みやすいメタルマッスルHMBが注目されるわけですね。

 

HMBを摂取しながらトレーニングを重ねることで脂肪の少ない筋肉を増量して行く事が可能となり、より早い肉体改善の効果を望むことができるのです。

 

このHMBが生み出されるロイシンですが、残念ながら体内で生成することが出来ず、食事やサプリメントから摂取しなければ増やすことのできない貴重な成分なのです。

 

このロイシンは肉や魚、その他プロテイン系サプリメントに含まれていますが、多量にロイシンを体内に取り込んでも生み出される割合はわずか5%程度となります。

 

メタルマッスルHMBには推奨される一日の摂取量で1600mgものHMBが含まれており、この分量を同等に得るにはロイシンをおよそ30g摂取しなければいけません。

 

この分量を逆算するとなんと1日にプロテインドリンクを20杯飲まなければ、メタルマッスルHMBには追い付かなくなるわけです。
1日に20杯ものプロテインドリンクを飲みきるには膨大な手間と多くのミルクなども体内に取り込まなければならず、あまり現実的ではありません。

 

そこでメタルマッスルHMBを利用することでこの貴重な成分を手軽に、かつ安全に体内に取り込むことができるので、現在プロテイン系サプリの筆頭格としてこの商品が大人気になっている、とういう理由なのです。

 

他にもメタルマッスルHMBには数多くの有効成分が含まれていますが、今回詳しくご紹介したいのがクレアチンです。

 

メタルマッスルHMBに含まれるクレアチンについて

 

このクレアチン、単体でもサプリメントとして発売されているのでご存知の方も多いと思います。

 

クレアチンはこれもまた筋力トレーニングには欠かせないアミノ酸の一種で、筋肉の増量や粘り強いスタミナの形成、疲れた体の回復速度を上げ、瞬発力を向上させるなどの効果があります。

 

クレアチンは様々な食べ物に含まれていますがこちらもHMB同様、大量の食事をとる必要があり、食品のみから得ようとするとカロリーオーバーとなってしまい結局太ってしまうという事なってしまいます。

 

このクレアチンがバランスよく配合され、先程ご紹介したHMBとの相乗効果でより脂肪の少ない、かつ強度の高い筋肉を増やして行く事が可能なのです。

 

メタルマッスルHMBの成分まとめ

 

健康補助食品であるメタルマッスルHMBを上手に利用することで、これらのトレーニングに重要な成分を効果よく摂取でき、理想のボディへの近道となって行くわけですね!

 

 

>>納得の成分、メタルマッスルHMBの公式サイトはこちら!